長野県安曇野市のアットホーム歯科医院 おかもとファミリー歯科

治療の説明に十分な時間をとり、小さなお子さんからご高齢の方まで安心・安全な治療を行います

歯周病治療

歯周病治療歯周病は日本人の80%以上がかかっていると言われています。初期の段階ではほとんど自覚症状がなく、以下のような自覚症状が出たときには既に歯周病がかなり進行している事が多いです。症状が進行すれば、最悪、抜歯しなければならないこともあります。予防と早期の治療が大切です。

歯周病の症状として、歯ぐきからの出血、口臭、口の中がネバネバする、歯ぐきが腫れる、歯ぐきが下がった、歯がグラグラする、などが挙げられます。思い当たる症状がある場合、歯周病が進行してしまっている可能性があります。一度検査してみましょう。

line

歯周組織検査

歯周病検査

歯茎の状態、歯茎からの出血、歯の表面の状態、歯の動揺、歯根の状態を検査します。歯周プローブという小さな物差しを使って歯茎の深さを測ります。どこの部分がどれだけ悪くなっているか、どんな治療が必要か決めるための大事な検査です。また、治療の途中にも、どれだけ良くなったか、治療しても良くなってない部分は残っていないかを調べるために、再度検査を行います。

レントゲン検査

レントゲン1歯は何に支えられてお口の中にあるか、ご存知ですか?表面は歯茎に覆われていますが、その中では、骨が歯を支えています。この骨が、歯茎から入ってきたバイ菌の影響で壊されてしまった状態が歯周病です。一度壊れてしまった骨は、なかなか元には戻りません。骨が壊れて、歯を支えている骨が少なくなると、歯はぐらぐらしてきます。進行すると、歯が抜けてしまうのです。レントゲン検査では、歯を支えている骨の状態をチェックします。歯科で使用するレントゲンは撮影範囲が狭く被爆量は少ないです。人体への影響はほとんどありません。さらに、当院では少ない被爆量で鮮明な画像が撮れるデジタルエックス線装置を使っています。

担当衛生士制

226A0984

歯周病治療で、メインで患者さんをサポートするのは歯科衛生士になります。歯周病は生活習慣病です。生活習慣のどこに問題があったのか、どうしたら改善できるのか、じっくり患者さんとお話させていただき、問題点をクリアするための方法をお伝えし、お口の中の状態を整えます。当院は治療に回数がかかる方などには担当衛生士制を取りますので、毎回同じ衛生士が患者さんの状態をチェック・指導します。いつも見ている衛生士が担当することで、小さな変化にも気づくことができ、患者さんに安心して治療を受けていただけます。

おかもとファミリー歯科

住所
長野県安曇野市穂高柏原1069-1
TEL
0263-88-0008
FAX
0263-88-0007
ホームページ
https://www.okamoto-fdc.jp
E-Mail
otoiawase@okamoto-fdc.jp

モバイルサイト

おかもとファミリー歯科スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら