長野県安曇野市のアットホーム歯科医院 おかもとファミリー歯科

治療の説明に十分な時間をとり、小さなお子さんからご高齢の方まで安心・安全な治療を行います

むし歯治療

むし歯治療むし歯は、初期の小さなうちに治療をすることで、痛みが少なく、大掛かりな治療を回避できます。初期のむし歯は削らず、フッ素を塗って歯の表面を強化することでむし歯の進行を食い止めます。また、生活習慣を見直し、むし歯になってしまった原因を改善します。むし歯が大きくなってくると、削って詰めたり、神経を取ったり、ひどくなると歯を抜かなくてはいけなくなります。
「むし歯の治療…いやだなぁ」そんなお気持ちはわかりますが、進行したむし歯はそのまま放置しても治ることはありません。早めに治療を開始しましょう。当院では、出来るだけ痛みなく、最小限の治療を行います。

line

表面麻酔

F04_0010

治療時の痛みをなくすための麻酔の注射をしますが、その注射の針が怖いという方は大人の方でもいらっしゃいます。当院では、表面麻酔のお薬を塗り、粘膜表面をしびれさせてから麻酔注射をすることで、注射の痛みを軽減させます。また、注射針も細いものを使いますので、痛みは少ないです。

検知液

F04_0023

むし歯になってしまった部分だけを染め出すお薬です。染め出すことでむし歯と健全な歯質の境目がはっきり見え、むし歯の取り残しや削りすぎを防ぎます。

ダイアグノデント

F04_0131

むし歯は表面上小さくても中で広がっていることがあります。この機械はむし歯の深さを測定することができるので、表面からでは見つけにくいむし歯を発見することができ、中で大きくなってしまう前に処置を開始することができます。

デジタルレントゲン写真

レントゲン1

歯の内部で広がってしまったむし歯や、歯と歯の間のむし歯は、大きくなって穴があくまで気づかないことがあります。なんともなさそうに見える歯でも、レントゲン写真でむし歯を発見することがあります。
また、レントゲンというと被爆が気になるかと思いますが、歯科で使用するレントゲンはとても撮影範囲が狭く被爆量は少ないものを使用しています。人体への影響はほとんどありません。さらに、当院では少ない被爆量で鮮明な画像が撮れるデジタルエックス線装置を導入しています。

マイクロスコープ

226A1161-(1)

マイクロスコープは歯科用顕微鏡で、肉眼では見えないものを3倍から20倍ほどに拡大し、治療することが可能です。むし歯の治療や歯の神経の治療など様々な治療で効果を発揮します。また、治療中に写真を撮影することが可能ですので、現在の歯の状態を患者さんに説明させていただく際にも非常に役立ちます。

ラバーダムシート

226A1150

治療中の歯に唾液が入らないように、使っているお薬がお口の中に漏れないように、安全に治療を行うためにお口にゴムのマスクを装着します。鼻呼吸が出来ていれば、苦しくありません。治療中のお水が喉の方に流れていくのも防いでくれるので、より楽な状態で治療を受けていただけます。また、ラバーダム防湿を行うことにより、歯の神経の治療の成功率が上がります。

おかもとファミリー歯科

住所
長野県安曇野市穂高柏原1069-1
TEL
0263-88-0008
FAX
0263-88-0007
ホームページ
https://www.okamoto-fdc.jp
E-Mail
otoiawase@okamoto-fdc.jp

モバイルサイト

おかもとファミリー歯科スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら