0263-88-0008

【診療時間】9:00-13:30 15:00 -18:30

  • ※受付午前・午後は診療受付時間の30分前までになります
  • ※ご予約の方優先、急患の方はまずお電話ください。

むし歯治療

むし歯治療|長野県安曇野市の歯医者|おかもとファミリー歯科

One-time only

一回限りの治療を目指して

むし歯

多くの方が一度は経験したことがあるむし歯の治療。せっかく治療したのにまた同じところがむし歯になってしまったことがある方が多いのではないでしょうか。悪くなってから治療を行い、そしてまた悪くなるということが続いてしまうと最悪の場合、最終的には歯を抜かないといけなくなります。なぜならむし歯は治療を繰り返すたびに、ご自身の歯を少しずつ失っていくからです。歯は一度削ってしまうと再生をするわけではないので、元には戻りません。むし歯治療は決して元通りに治っているのではなく、人工物で穴埋めにしているだけに過ぎません。当院では、むし歯が初期のうちに発見して、フッ素を塗って歯の表面を強化して進行を食い止めたり、なるべく小さく削ってむし歯が再発しないような治療に取り組んだりすることで、生涯自分の歯で過ごせるように努めています。

むし歯

なぜ、むし歯になるのか?

むし歯は、お口の中に存在する細菌が酸を作り、歯のカルシウムを溶かして穴を空けてしまう病気です。むし歯になってしまうのは、細菌の量だけがすべてではありません。むし歯になってしまうのは、細菌も含め以下の4つが原因とされています。

むし歯

細菌
むし歯を予防するためには、ミュータンス菌やラクトバチラス菌などのむし歯菌を減らすことが大切です。しかし、お口の中は、細菌がとても発生しやすく、歯垢(プラーク)が溜まることで細菌が繁殖しやすい環境なのです。細菌の量を減らすために毎日のケアで自分に合ったブラッシングを行いましょう。
糖分
むし歯菌が食べ物や飲み物に含まれる糖分を栄養にして活動し、作り出される酸によって歯の組織が溶かされます。食べ物や飲み物から糖分を完全に取り除くことは難しいので、甘いお菓子やジュースなどの糖分が多く含まれているものの摂りすぎに注意しましょう。
歯質
人それぞれ歯の強さが違います。むし歯になりやすい歯かどうかは、歯が作られるときの環境の違いが影響しています。特に、乳歯や生えたばかりの永久歯は再石灰化と呼ばれる歯を修復する力が弱く、むし歯になりやすいため注意が必要です。
時間
むし歯になりやすい原因として、お口の中が汚れている「時間」も影響しています。食後に歯みがきをしないと、汚れたままむし歯菌が繁殖しやすい状態が続いてしまいます。さらに、だらだらと食べている時間が長く続き、食事と食事の間隔が短く歯を修復する時間がないことも、むし歯になりやすい原因とされています。

むし歯はこうして進行します

むし歯になった歯を治療せずにそのままにしても治ることはありません。放置していれば進行が早まってしまいます。特に初期段階では、痛みなどの自覚症状がないまま進行してしまいます。むし歯の治療は適切な時期に適切な方法で行いましょう。

歯の表面のむし歯

C1歯の表面のむし歯

歯の表面に穴ができてしまうむし歯の初期段階で、痛みはほとんどありません。

柔らかい組織まで進行したむし歯

C2柔らかい組織まで進行したむし歯

硬いエナメル質を侵蝕し、象牙質と呼ばれる柔らかい組織まで到達した状態。進行度合いも早くなり、痛みを感じるようになります。

激しい痛みを伴うむし歯

C3激しい痛みを伴うむし歯

むし歯がかなり進んでいる状態です。神経まで達すると、激しい痛みや熱いものがしみるなどの症状が出てきます。歯の根っこまで炎症が起きている場合は、その部分を取り除く治療が必要です。

抜歯になるむし歯

C4抜歯になるむし歯

激しい痛みを感じていた神経そのものが壊死してしまうため、痛みを感じなくなります。この状態までくると抜歯になる場合がほとんどです。

むし歯が見つかったら

むし歯は、自然に治ることはありません。風邪を引いたり、骨折したりしたときのように安静にしておけば治るものとは違います。治療せずに良くなることは決してありません。放置しておくと、症状は悪化する一方で最悪の場合、自分の歯を抜かなければいけません。むし歯が見つかった時は、早めに治療を行うことで自分の歯を守ることができます。当院では、せっかく治療した歯が再びむし歯にならないために、汚れがつきにくく、体に優しい素材を使った治療をすることができます。