0263-88-0008

【診療時間】9:00-13:30 15:00 -18:30

  • ※受付午前・午後は診療受付時間の30分前までになります
  • ※ご予約の方優先、急患の方はまずお電話ください。

入れ歯・ブリッジ

入れ歯・ブリッジ|長野県安曇野市の歯医者|おかもとファミリー歯科

Dentures/Bridges

我慢しないで!入れ歯の悩み

時間をかけて作った入れ歯をずっと使っていない方や、入れ歯が合わずに苦労されている方も多いようです。自分に合っていない入れ歯を使い続けることや入れ歯を合わないからといって使っていなければ、全身の健康に大きな影響を及ぼしてしまいます。一度お口の検査をしっかり行い、ご自身にあった入れ歯を作りましょう。特に下の入れ歯が合わずにお食事が取りづらいなどでお悩みの方は早めにご相談ください。

こんなお悩みありませんか?

  • 装着していても外れやすい、噛むと痛い
  • 話しにくい
  • 食事中の味がわからない
  • お口の中がかんそうしてしまう
  • 入れ歯自体が臭い
  • 入れ歯を入れると吐き気や嘔吐をしてしまう

当院にお越しいただく患者様の中にも入れ歯をしていてこのような悩みを抱えているということを良くお聞きします。悩みを抱えることは悪いことではありません。問題なのは、こういった悩みを抱えているのに何もせず放置していることです。お使いの入れ歯が合っていなければ様々な問題を引き起こしてしまいます。

入れ歯が体に合っていないと・・・

入れ歯

噛みにくい肉や野菜を避け、柔らかい炭水化物が多くなり、ますます噛む力が弱まり食事の楽しみも減ってしまいます。

入れ歯

栄養のバランスも偏ってしまいますし、噛まないこと・口を動かさないことで、全身の筋力も弱まります。

入れ歯

全身の骨格が少しずつずれ、姿勢にも悪影響が!!

入れ歯の種類

部分入れ歯

部分的に歯を失った場合に作る入れ歯です。歯の抜けた部分に対してその歯の代わりをする人工歯と、歯ぐきを補う部分(ピンク色の床と呼ばれる土台)、これらを残っている歯に固定するためのクラスプ(留め具)から構成されています。保険適用では樹脂の人工歯および床と金属のクラスプの部分入れ歯になりますが、保険外ではクラスプが無く目立たない「ノンクラスプデンチャー」などもお選びいただけます。

部分入れ歯

総入れ歯

すべての歯を失った場合につくる総入れ歯は、歯の抜けた部分に対してその歯の代わりをする人工歯と、歯ぐきを補う部分(ピンク色の床と呼ばれる土台)から構成されています。総入れ歯は粘膜の吸着力で維持させます。保険適用ではプラスチック(レジン)の人工歯および床しか使用できませんが、保険適用外(自費)では、セラミックの人工歯や金属床など、ご要望に合わせた素材の使用が可能です。

総入れ歯

保険診療の入れ歯

保険適用の入れ歯は安価で補修などすぐに可能な点はメリットですが、プラスチック製のため耐久性を持たせるために厚く作られておりフィット感が得にくく金属のバネが目立ちます。また長期間の使用で、支えとなる歯を傷める原因になったり、変色したりしてしまいます。

保険適用外(自由診療)の入れ歯

保険診療の入れ歯は、材料や形状が決まっており、本当に自分に合った入れ歯を作ることが難しいです。自由診療の入れ歯は、装着時のフィット感や周囲からの見た目などの審美性、素材の丈夫さなど、ご自身に適したものを作ることができます。快適な毎日を過ごせること間違いなしです!

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

口を開いた時に金属のバネが見えるのが嫌だと感じていた方が多いと思います。ノンクラスプデンチャーは、金属のバネを使用しておらず、入れ歯と気付かれにくく自然な美しさをもたらしてくれます。

メリット

  • 金属のバネを使用していないため見た目の美しさがある
  • 弾力性のある素材を使用しているため装着感に優れている
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 天然歯を痛めにくい
  • 耐久性が高い

金属床義歯

金属床義歯

歯肉に触れる部分が金属素材で作られている入れ歯です。金属を使用しているため薄く作ることができ、熱いものが伝わりやすく、食べ物の温度も感じることができるため食事を楽しむことができます。装着時の違和感もありません。

メリット

  • 金属素材で作られているため薄くても割れることがない
  • 熱を通しやすく、食べ物の温度を感じる
  • 汚れが付きにくいため清掃性が良い
  • 外れにくい
  • 多くの症例で適用が可能