0263-88-0008

【診療時間】9:00-13:30 15:00 -18:30

  • ※受付午前・午後は診療受付時間の30分前までになります
  • ※ご予約の方優先、急患の方はまずお電話ください。

インプラント

インプラント|長野県安曇野市の歯医者|おかもとファミリー歯科

Implant

歯を失ってしまってもあきらめる必要はありません

インプラント

むし歯や歯周病、事故など歯が抜けてしまうキッカケというのは人それぞれ違います。歯が抜けてしまったその場所をあなたならどうしますか?抜けたままの状態で過ごしますか?それとも、きちんと噛めるように治療しますか?抜けたままの状態にしておくと、健康的にも審美的にも悪いことは言うまでもありません。治療する場合には、いくつかの方法があります。インプラントは、本物の歯のような見た目や機能性に優れた治療法です。

インプラントってこんなにも素晴らしい

周囲の歯へのダメージがない

周囲の歯へのダメージがない

入れ歯の場合、周りの歯に引っ掛けるようにして装着しますが、入れ歯を支えている歯には過度の負担がかかり、汚れもたまりやすいため歯周病やむし歯のリスクが高まります。ブリッジの場合、両隣に残っている歯を削って土台を作りますが、一度削ってしまった歯は決して元には戻りません。一度削ってしまった歯は悪くなってしまう一方です。このように入れ歯とブリッジは、周りの歯を傷つけてしまい健康な歯までも悪くしてしまいます。しかし、インプラントは入れ歯やブリッジのように残っている歯を削ることも負荷をかけることもありません。周りの歯を傷つけずに健康な状態で残すことは歯周病やむし歯リスクの軽減にも繋がります。

自分の歯のようにしっかりと噛める

自分の歯のようにしっかりと噛める

入れ歯やブリッジは歯の根っこがなく、あごの骨と直接結合していないため噛む力は天然歯と比べると劣ってしまいます。インプラントは天然歯と同じようにしっかりと噛むことができます。それは、天然歯に歯の根っこがあるようにインプラントにも歯の根っこが存在するからです。インプラントに使う材料はチタンが多く使われており、骨と結合しやすく、劣化しにくいという特徴があるため強い力がかかっても耐えられるようになります。

自然な見た目に仕上がる

自然な見た目に仕上がる

インプラントは、天然歯と同様に歯の根っこがあるため、入れ歯で見えてしまうバネ(クラスプ)を使う必要がなく、口元からバネが見えてしまう心配がありません。さらに補綴物の色はその人の天然歯の色に合わせて細かく設定できるためインプラントが入っていたとしても違和感がなく、変色しにくい素材を使っています。インプラントはこの見た目の美しさが審美的に非常に優れています。

ブリッジ・入れ歯との違い

ブリッジ

ブリッジ

メリット

  • 抜けてしまった歯の両側の歯を支台にして、歯を橋上にして、支台の歯にかぶせて固定する
  • 取り外しの手間がかからない
  • 比較的容易に作成でき、噛み心地も違和感が 少ないのが特徴

デメリット

  • 支台にする歯を削らなければならず、健康な歯を削ってしまう
  • かぶせている歯のむし歯になるリスクや、負荷がかかって破折するリスクが高まる
  • 清掃性が悪いためモノ詰まりが起きやすく、むし歯や歯周病のリスクとなる
入れ歯

入れ歯

メリット

  • 一本だけ抜けてしまった歯の場合でも、入れ歯の作成が可能
  • 周りの歯を直接削ることが無いので、ブリッジよりも製作時点のダメージが少ない
  • 型を取るだけで作製ができるので、安全
  • 清掃も取り外しができるので、容易に行える

デメリット

  • 装着の違和感は、ブリッジやインプラントに比べると感じる
  • 支えとなる歯を傷めやすく、健康だった歯を抜かなければならない原因となる
  • カンジダ菌(カビ)の発生により、口腔カンジタ症から誤嚥性肺炎を引き起こすリスクが高まる
インプラント

インプラント

メリット

  • 抜けてしまった部分に、チタン製の土台を埋め込み、その上部に歯を作製
  • 周りの歯を削ることも、フック(バネ)をかけることもないので、周囲の歯へのダメージがない
  • 噛み心地も、本来の自分の歯と同様の感じを受け、しっかりと噛むことが可能
  • 見た目が自然に仕上がり、治療したとわからない

デメリット

  • 人工の歯根を埋め込むための外科処置が必要
  • 外科処置後は安定期間が必要で、治療開始から最終の歯の装着までに、長期間(3ヶ月~6ヶ月以上)かかる
  • 定期的なメインテナンスをしないと、歯周病と同じく、歯の喪失リスクが高まる

インプラント治療の安心・安全な理由

当院で行うインプラント治療が安心・安全な理由があります。それは、シミュレーション通りの理想的な手術を正確に行えるシステム『ガイデッドサージェリー』があるからです。正確な位置にインプラントを埋め込むことができるので、従来のような歯ぐきを切る、剥ぐといった負担をかけずに手術を行うことができます。

ガイデッドサージェリー

『ガイデッドサージェリー』は、簡単に言うと、コンピュータで設計した通りにインプラント手術を行います。CT撮影によって得た3D画像をもとに、手術の確実性を高めるテンプレートを作成します。インプラントを埋入する位置が正確に決めることができるため、周囲の歯を傷つける心配もなく、手術後の痛みや腫れが少ない治療法です。

安心安全なインプラント手術の流れ

1.CT撮影
治療にあたる前に、患者様の3次元的な顎骨の形態を把握し、正確なガイドを作成するためにCT撮影を行います。
2.埋入位置をコンピュータ上で決定
3次元の顎骨データをもとにコンピュータ上でインプラントの埋入する位置を決定していきます。また、埋入予定インプラントと最終上部構造(人工歯)の位置関係なども考慮しながら、将来の歯の形態のシミュレーションを行っていきます。
3.技工所で埋入ガイドと顎骨模型を作製
コンピュータ上のシミュレーションにて、インプラントの埋入位置が決定しましたら、当院の技工所で手術用のガイドと顎骨模型の作製を行っていきます。そして、インプラントの埋入手術の準備を行ってまいります。
4.埋入ガイドを用いて正確にインプラント埋入
作製された手術用「ガイド」に従って順番にインプラントを埋入していきます。シミュレーションなので埋入位置などもすべて決まっておりますので、時間もかからず、また出血なども少なく痛みなどもありません。

インプラントにしたらアフターメインテナンスを大切にしてください

インプラントにしたらアフターメインテナンスを大切にしてください

インプラントにしたから終わりではありません。せっかくインプラントにしても、その後何もメインテナンスを行わなければ、インプラントの寿命を短くしてしまいます。インプラントを良い状態でキープするためには、毎日の丁寧な歯みがきは欠かせません。インプラントも天然歯同様、歯面に付着したプラーク(歯垢)が原因でインプラント周囲炎と呼ばれる歯周病になります。インプラント周囲炎が進行するとインプラントを支える骨が溶けてインプラントが抜けてしまいます。天然歯でも同じことが言えますが、毎日の正しい歯みがきと定期的にクリニックで検診・プロケア(インプラント清掃)を受けることで予防できます。

喫煙者のリスク

喫煙者のリスク

喫煙によって発生する一酸化炭素は、血中のヘモグロビンと結びつき血液による酸素の運搬機能を低くださせます。これにより歯肉の血液不足から血流が悪くなると、骨や歯周組織へ酸素や栄養が行き届かなくなります。インプラントを支える骨や歯周組織が弱ってしまい、インプラントがあごの骨としっかり結合出来ずに外れてしまう原因になります。

当院が使用しているインプラント

当院が使用しているストローマンインプラントは、世界70か国以上で使用されているインプラントメーカーで1300万本以上のストローマンインプラントが治療に使用されていて、世界のインプラント市場でトップクラスのシェアを誇ります。インプラント治療が成功するためには、体内に埋め込むインプラント自体が安全性の高いものである必要があります。大学病院等の研究機関で使用され、長期的な臨床成績が良好なものが信頼性・安全性の高いインプラントといえます。